民泊バラバラ遺体事件 米国人容疑者の夢は日本女性との結婚

提供:NEWSポストセブン 
米国でも報道が過熱(事件を報じた「ニューヨーク・デイリーニュース」より)

 英語が堪能な日本人女性が、アメリカ人観光客の滞在していた「ヤミ民泊」施設の一室で、バラバラ遺体となって見つかった。わずか1か月弱の滞在中、10人超の日本人女性と接触を持った容疑者の正体とは--。

 兵庫県三田市に住む女性会社員Aさん(27)の行方がわからなくなり、家族が警察に不明者届を提出したのは2月17日のこと。同22日にAさんの監禁容疑で逮捕されたのが、アメリカ人のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ容疑者(26)だった(28日に死体損壊・遺棄の疑いで再逮捕)。

 「容疑者が滞在していた大阪市東成区のマンションの防犯カメラを警察が確認したところ、容疑者と一緒に入ったAさんが、建物から出てきた形跡がなかった。24日には、容疑者が使っていた西成区の別の民泊施設でAさんとみられる頭部遺体が発見され、その後は本人の供述通りに大阪や京都の山中で切断遺体が見つかった」(大手紙社会部デスク)

「父はブルガリア人」

 1月末に来日したバイラクタル容疑者は、短期間のうちに日本人女性との接触を繰り返していた。

 「Aさんを招き入れた部屋には、他にも4~5人の女性の出入りがあったことが防犯カメラでわかっている。Aさん以外の女性は無事が確認されていますが、容疑者が接触していた日本人女性は10人を超えていた」(捜査関係者)

 この謎の多い事件はアメリカでも関心が高く、日本ではほとんど報じられていない容疑者の素顔に迫るレポートもある。

 事件を受けて、「元継父」の実名証言を報じたのが米紙『ニューヨーク・デイリーニュース』(2月27日付)だった。その証言によれば、バイラクタル容疑者の母はウクライナ人で、父はウクライナ在住のブルガリア人医師だった。容疑者が幼い頃に両親は離婚。母親は、記事で証言している米テキサス在住の米国人男性と再婚した。

 「再婚のタイミングで容疑者は母親とともにテキサスに移住した。ただ、母親は数年で再び離婚。約15年前、容疑者が10代前半の頃に母子はニューヨーク州ロングアイランドに移り住んだ経緯が報じられています」(在米ジャーナリスト)

 この「元継父」はバイラクタル容疑者について「とてもシャイで、友達との付き合いも下手だった」などと振り返っている。記事には高校の卒業アルバムに収められていた容疑者の写真も掲載されている。

 だが、10代前半は内向的だったとされるバイラクタル容疑者について、今回の事件の捜査では「日本人女性に積極的にアプローチしていた」(前出・捜査関係者)という姿が浮かび上がってきている。

 「容疑者はこれまでにも複数回、来日したことがあり、周囲には『日本人女性との結婚が夢だ』と語っていた。アメリカにいた時も、旅行者の日本人女性らに声をかけ、“日本に住みたい”などと口説くことがあったといいます。ただ、日本語はカタコト程度で、日本人女性とももっぱら英語での会話をしていたという」(同前)

 ※週刊ポスト2018年3月16日号