記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】ネットでデマ&罵倒!大統領選はブルジョア左翼vs従北派左翼の泥仕合「沈んでいくヘル・コリア」 (2/2ページ)

 もちろん安哲秀氏は「中道」ではない。日本で言えば“杉並ブルジョア左翼”だ。東京・山の手の高級住宅地に住む大金持ちなのに、頭の中は真っ赤というタイプだ。

 何しろ、文氏と、共に民主党の共同代表を務めたことがあり、前回大統領選では従北派の文氏に勝ってもらうために出馬を取りやめたのだから。

 成功したベンチャー企業家出身者として、資産に関するスキャンダルは多い。とりわけ娘への生前贈与が爆弾だ。

 一方の文氏には、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下で、(1)国連の北朝鮮人権決議案にどう対処すべきか、北に“お伺い”を立てた(2)従北派の公安事犯に異例の「2回の恩赦」を取り計らった-過去がある。そして、「権力を利用した息子の就職疑惑」というスキャンダルを抱えている。

 安哲秀氏の勢いに慌てたのか、文氏は韓国紙のインタビューで、北朝鮮が核能力を高度化させた場合、THAADの配備を容認する考えを表明した。

 安哲秀氏が大統領に当選したら、共に民主党は“保守へ寝返った裏切り者”に大攻勢をかけるだろう。保守票に乗って勝利した大統領は、THAADに対する立場を再び変えることもできまい。逃げ場は「民心」に従い、財閥をたたき、反日に牙を剥くことしかなさそうだ。

 文氏が勝ったら…は、前回述べた通り。どちらにしても「沈んでいくヘル・コリア」への道だ。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう