記事詳細

加計問題、獣医学部新設を50年阻止 獣医師会の政界工作 麻生、森英介氏らのパーティー券購入「1校に限りと修正された」メルマガで自負 (1/2ページ)

 学校法人「加計学園」(岡山市)の問題で、獣医学部新設を阻止しようと動いた日本獣医師会(蔵内勇夫会長)の存在が注目され始めた。獣医師会のメールマガジンを見ると、麻生太郎財務相兼副総理ら現職閣僚らの名前を挙げながら、会長が「決定撤回もしくは1校のみ」にするよう「奔走」「粘り強い要請活動」したことが堂々と記載されているのだ。関連団体の政治資金収支報告書には、興味深い名前が並んでいる。

 民進党・宮崎岳志衆院議員「京都産業大(京都市)を追い落とすための条件だ」

 安倍晋三首相「『1校に限り』という要件は(日本)獣医師会から要請があった」

 5日の衆院決算行政監視委員会で、こうしたやり取りがあった。

 50年以上も獣医学部の新設を認めなかった巨大な「岩盤規制」に穴を開けるため、政府は2016年11月9日、獣医学部新設について、「広域的に獣医師系養成大学等の存在しない地域に限り獣医学部の新設を可能とするための関係制度の改正を、直ちに行う」ことを決めた。

 当時、加計学園だけでなく、京産大も獣医学部新設を目指していたが、前述の条件が加えられて、断念した。

 野党側は、加計学園の理事長が安倍首相の友人だから、この条件が設けられた-との見立てで激しく攻撃している。

 だが、獣医師会こそが、(獣医学部新設)「決定の撤回」、もしくは「1校限り」という条件を猛烈に求めていたのだ。

 前出の蔵内会長は17年1月30日付のメルマガで、▽山本幸三地方創生担当相▽松野博一文科相▽山本有二農水相▽麻生氏▽森英介元法相-らの実名を挙げ、「本会の考えをご理解いただくよう奔走いたしました」と記している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース