記事詳細

コンテナから身の毛もよだつ恐怖…あの国の「生物兵器」とちゃうか? (2/2ページ)

 ニュージーランドではヒアリを全滅させたというやないか。それに比べ、わが国政府の役人は、いや国会のセンセイは何やっとんのや。

 それと…危ないのは尖閣近海だけやないで。

 日本海のわが国EEZ(排他的経済水域)で、わが国の漁場監視中に、わが国の水産庁の船に銃口向けた北朝鮮の「偽装漁船」には、何で大新聞も大テレビ局も関心薄いんや。

 何で自衛隊の「駆け付け警護」や宿営地の「共同防護」を“戦争法”と呼び、さげすみ、自衛隊の武器使用を禁じようと、大騒ぎしとる連中は、何でわが日本人に銃口を向けるどころか、核弾頭付きの弾道ミサイルを突きつける北朝鮮には寛容なんや。

 やっぱ、アンタらが中朝韓と“連携”しとるからでっか。

 それでもこれからは気付けた方がエエで。

 もしも、邪悪な外国の勢力と組んでテロでも起こそうと企んどるならや。これからはテロ等準備罪で逮捕されるかもしれんからな。

 ■宮嶋茂樹(みやじま・しげき) 報道カメラマン。1961年、兵庫県明石市生まれ。日本大学芸術学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンをへて、フリーになり、数々のスクープ写真を撮影。世界の戦場でも取材を行う。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう