記事詳細

中国人“ヤミ畑”が首都圏侵食 「昔から楽しんできた」罪の意識なし、農耕具置き場では不審火まで (1/3ページ)

 埼玉県熊谷市の県営団地近くで今年6月以降、不審火が相次いでいる。近隣住民によると、標的となった物置は、団地に住む中国人が設置したものだといい、周辺では彼らの手によって立派な野菜畑が作られているが、実はこの土地、熊谷市の市有地なのだ。勝手に耕された「ヤミ畑」と不審火との関連を指摘する声もある。そして同様のトラブルが生じている土地は熊谷だけではないという。

 火災は6月9、10日、7月29日、8月6、9日、熊谷市久保島の県営団地近くを流れる用水路沿いに設置された物置で発生した。火元はいずれも半径100メートル以内に集中しており、県警熊谷署は同一犯による連続放火の疑いがあるとみて捜査を進めている。

 17日には近くの運送会社跡地でも不審火があり、軽量鉄骨2階建て建物の一部が燃えた。

 団地に住む女性は9日の火事について「ちょうど夜の8時頃でお風呂の用意をしているときに、家のある方向に火の粉が飛んできたんです。熱くてすごく怖かった」と生々しく振り返る。

 近隣住民によると、物置は、用水路沿いの土地を勝手に利用した「ヤミ畑」を耕すための農耕具置き場だった。主に団地に住む中国人が利用していたという。ヤミ畑にはナス、キュウリ、ネギなどがたくましく生育している。

 また、放火を免れた物置にはテーブルや椅子が置かれており、交流の場としての性格もあったようだ。住民の1人は「仲間とお茶を飲むときにも使われていて、よく中国語のような言葉で大声で話しているのをみかけました」と証言する。

 焼け跡に立っていた中国人男性(70)は、「物置はガソリンをかけられて燃やされてしまった」と話した上で、こう続けた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース