記事詳細

地震続発と太陽フレア“恐怖”の関係 メキシコM8・1、熊本震度4、秋田震度5強…識者「可能性はありえなくはない」

 日本でも海の向こうでも大きな揺れが相次いで起きている。メキシコをマグニチュード(M)8・1の揺れが襲ったかと思うと、日本では熊本が震度4、秋田が震度5強の地震に見舞われた。そこで、気になるのが、地球上空に達したという、あの「太陽フレア」との関係だ。通信機器などに影響を及ぼす可能性があるという磁気嵐の影響なのだろうか。

 米地質調査所(USGS)によると、メキシコ南西沖で7日午後11時49分(日本時間8日午後1時49分)ごろ、M8・1の地震が発生。震源の深さは約70キロで、ロイター通信は死者数が60人に達したと報じた。

 その直後、日本でも8日午後2時20分ごろ、熊本市で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は熊本県熊本地方で震源の深さは約10キロ。地震の規模はM4・1と推定される。

 さらに同日午後10時23分ごろには、秋田県大仙市で震度5強の地震があった。震源地は秋田県内陸南部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はM5・3と推定される。東北各地で震度3~1を観測した。

 これは単なる偶然なのか。情報通信研究機構によると、太陽表面で6日に発生した最大級の「フレア」で放出された大量の粒子が、衝撃波となって8日午前7時ごろ、地球の上空に到達した。フレアによって放出された電気を帯びた粒子は、地球の磁場や上空の電離層の乱れを招き、通信機器などに影響を及ぼすことが懸念されていた。

 メキシコと日本で相次いだ地震はこのフレア到達直後のことだ。

 本紙で「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」(木曜)を連載する武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏は「学問的には不明だが」と前置きした上でこう話す。

 「地震を起こすプレートのメカニズムを研究するため、岩石を押し当てどのように壊れていくのかを確かめた室内実験では、岩が壊れる際に電磁波が発生していることが報告されている。フレアの影響で起きた電気を帯びた粒子が、地震を起こす岩に対して『最後の引き金』を引いている可能性はありえなくはない」

 まさかとは思ったが…。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース