記事詳細

文科相、加計獣医学部を認可「計画は学園の構想と一致」 岩盤規制突破し北里大以来52年ぶり

 林芳正文部科学相は14日、学校法人「加計学園」(岡山市)が政府の国家戦略特区制度を活用して愛媛県今治市に岡山理科大獣医学部を新設する計画を認可した。計画を「可」とした大学設置・学校法人審議会の9日付答申に沿った。

 獣医学部の設置は、1966年の北里大以降なく、岩盤規制の象徴ともされてきたが、文科相の認可により52年ぶりに新設されることが決まった。四国での設置は初めてとなる。

 林氏は閣議後記者会見で、「大学設置基準などの法令に適合していると判断されたもので、答申を尊重した」と述べ、計画が「特区のプロセスの中で認められた学園の構想に沿っていることも確認した」と話した。認可で来年4月の開学が正式に決まった。

 設置審は答申に至るまでに、学園の計画には教育課程や組織編成、獣医師の需要見込みなどに不十分な点があるとして多数の是正意見を付けていたが、学園が修正を重ねて是正意見は全てクリアした。

 新学部の学部長に就任予定の吉川泰弘新学部設置準備室長は、正式認可を受けて「ここまで長かった。素直にうれしい」と安堵(あんど)した。

 野党は特区での学部新設を認める際に政府が設けた「既存の大学では対応困難」などの4条件を学園の計画が満たしているのかなどを疑問視していた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう