記事詳細

【永田町美人秘書】女性は怖い…「ヤマオちゃん」に抱いた某雑誌記者の悲しき幻想

 うちの先生と仲良しの某雑誌の記者さんは、ここ2カ月ほど元気がない。理由を聞いたら、「ヤマオちゃんに裏切られた。女性は怖い…」だって。

 記者さんが、山尾志桜里衆院議員のファンになったのは「保育園落ちた日本死ね!」で全国的に名前が出始めたころ。インタビューの後に、山尾氏はこう言ったという。

 「私はね、安倍晋三首相に質問する準備をしているときは他に何も見えなくなって、息子にもかまってられなくなる。だから、質問が終わった後で『ごめんね』とギュッとしてあげると、息子は『大丈夫だよ。テレビで頑張っているのを見て、応援してるよ』と言ってくれるのぉ」

 思わず涙が出たという記者さんは「感動したんだよ。『いいお母さんだな』って。だから、ガソリンプリカ問題でも、僕はヤマオちゃんの味方をした。でも、週刊文春の報道で、その気持ちが一気に吹っ飛んだ。やはり、男か…」と語る。

 というか、「女性議員にそういう幻想を持つ方がおかしいわよ」と心から思った私でした(苦笑)。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう