記事詳細

北から?木造船連続漂着の異常 経済制裁受け無謀な漁、武装難民による原発テロも現実味 (1/2ページ)

 日本海沿岸で、北朝鮮籍とみられる木造船の漂着・漂流が続いている。今月に入り、少なくとも15件確認された。国際社会による経済制裁を受けて、悪天候下での無謀な漁を繰り返しているとみられる。ただ、レーダーで探知しにくい木造船の相次ぐ漂着は、日本の湾岸警備の弱点を知らしめた。朝鮮半島有事の「武装難民の襲来」や、「原子力発電所などを狙ったテロの脅威」が現実味を帯びてきている。

 北朝鮮関連とみられる木造船の漂着は枚挙にいとまがない。

 中でも、秋田県由利本荘市の船舶係留施設に23日深夜、木造船が漂着し、「北朝鮮から来た」と朝鮮語で話す男性8人が保護されたケースは、日本中に衝撃を与えた。海が荒れていたとはいえ、8人が上陸するまで当局が把握していなかったためだ。

 8人は早期帰国を望んでおり、亡命や脱北者ではなく、漁の途中で船が故障したとの見方が強まっている。ただ、「物的証拠」といえる木造船は25日朝に消失した。この木造船とみられる船が28日、海底に沈んでいることが分かった。

 秋田県の佐竹敬久(のりひさ)知事は27日の記者会見で、県警などの管理態勢を「住民に不安を与え、捜査の機会を逃した」と批判し、続けた。

 「本当に漁船なのか。スパイ船なのか。8人だけなのか。しっかりと船を調べないと。調べれば痕跡があるから。地元の漁民の方も言ってたが、移動できるときに移動して証拠の保全をすべきだった」

 なぜ、漂着船が相次ぐのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース