記事詳細

「主婦合コン」参加者が増加中 女性陣には厳格な選考会も (1/3ページ)

 毎週視聴率11%超を記録するドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。高級住宅街で専業主婦となった元・特殊工作員の主人公が、DVやセックスレスなどの家庭問題から誘拐事件や殺人事件まで、ご近所で起こるさまざまなトラブルを解決するため奔走する。しかし、この「主婦合コン」から起きた友人の“心のゆれ”にはなすすべがなく--。

 さほどノリ気ではなかったのに、夫への不満とストレスから何気なく参加した“主婦合コン”。広々としたテラスが見渡せる高級レストランのテーブル席には、若くて溌剌とした男子が5人。つい夫とはできない話にも花が咲き、年下男子と2人きりで会話が盛り上がってしまう。帰り際に頼み込まれ、連絡先を交換。その日から、他愛ないLINEが来るたびに胸がときめいてしまう。「夫以外の男の愛情を受け入れる決心をした」--そう心をおどらせる広末涼子(37才)演じる主婦を、綾瀬はるか(32才)演じる主人公は心配そうに見つめる。

 この秋のヒットドラマ『奥様は、取り扱い注意』で注目されたこの「主婦合コン」シーン。視聴者からは「ヤバい。怖すぎ」「主婦をターゲットにした合コンなんてホントにあるの?」と声が上がっている。

 実際に「主婦合コン」は存在する。それどころか、ここ数年は静かなブームになっていると恋愛コラムニストの島田佳奈さんは言う。

 「10年ほど前から徐々に広まっていきました。その後、リーマン・ショックで主婦のお財布のひもも固くなり、下火になりましたが、ここ数年、復活の兆しがあります。景気が上向いてきて主婦に金銭的にも精神的にも余裕が出てきたのが要因ではないでしょうか」

 毎月の主婦合コンが楽しみだと言うのは38才主婦・Sさんだ。

 「基本はママ友から誘われますね。相手は私たちと同じ既婚者や、人妻という言葉に誘われてきた若い男の子だったり。合コンは子供を預けられる日の夜が多いです。本当は時間がある昼がいいけど、日中は大学生やフリーターみたいな男しか来られませんからね。子育てが落ち着いて、自由な時間が増えたのもありますが、専業主婦だから男性とかかわる機会がなくて、“このままじゃまずい”って焦りがありました。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース