記事詳細

山尾氏とのW不倫疑惑の弁護士“ゲス離婚”へ 「政策顧問に起用」で妻決断 (2/2ページ)

 また、自身のブログでは「(iRONNAには)『改憲論好きなだけ書いていいので週刊誌報道に一言だけ触れてください』と言われて書いたら、『反論手記』になってましたが、はっきりいってその報道についても反論についてもどうでもいいです。そういう趣旨はありません。もうそこにはいません」ともつづっている。

 山尾、倉持両氏とも、改憲など高邁な政策論議については声高に語るが、片方の家庭が事実上壊れたことについて説明する気はないようだ。

 2人に近い漫画家の小林よしのり氏(64)はブログで「山尾のせいじゃないって。ずっと前からもう倉持夫婦の関係性は冷え切っていて、麟太郎氏には相談されていた」とし、親権について「『泣く泣く』ではないでしょ? 倉持が親権を要求したわけじゃないんだから」と擁護した。

 倉持氏の事務所は7日午前、夕刊フジの取材に「特にコメントすることはありません」とした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース