記事詳細

築地最後の初競り 「すしざんまい」1キロ当たり16万円“高級品”クロマグロ落札

 10月に豊洲市場(東京都江東区)へ移転する築地市場(中央区)で5日早朝、今年最初の取引となる「初競り」が行われた。1935年の開場以来、80年以上の歴史を刻んできた築地での初競りは今回が最後となった。

 1キロ当たりの単価が16万円と最も高いクロマグロを落札したのは、寿しチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(木村清社長)。190キロの青森県大間産クロマグロを3040万円で競り落とした。広報担当者は「必ずしも一番大きいマグロがいいマグロとは限らない」と語った。

 1匹当たりの最高値となった405キロの大間産マグロは3645万円(1キロ当たり9万円)で競り落とされた。

 築地は10月6日が最終営業日となり、跡地は20年東京五輪・パラリンピックで使用する車両基地として整備される。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう