記事詳細

【勝負師たちの系譜】プロ棋士に大きな影響を与えた升田幸三実力制第四代名人、「新手一生」貫いた独創将棋 (1/2ページ)

★升田幸三(1)

 「将棋界で真の天才と呼べるのは、升田幸三と羽生善治だけ」と言った人がいるが、私もなるほどと思った覚えがある。

 升田幸三実力制第四代名人は、「新手一生」の精神で、生涯独創的な将棋を指し続けた。その指し方は、後輩のプロ棋士に大きな影響を与え、またファンを魅了したものである。

 升田は広島県三次市の生まれ。13歳の時、物差しの裏に「名人に香を引いて勝つまで帰らない」と書き置きし、家出してプロを目指した話は有名だ。

 当時は名人に対して香を引く(ハンディをつける)制度がある訳はなく、どういうつもりかはわからないが、これが後に現実になるから、人生はわからない。

 升田の師匠は、木見金治郎九段。この頃、升田は関西の棋士で、後に弟弟子として、大山康晴15世名人も入門してくる。

 升田が一番目標とし、また闘志を燃やしたのは、木村義雄14世名人である。当時、関西は東京に比べて待遇も悪く「名人の箱根越え」は、関西棋界の悲願であった。

 全日本選手権戦(九段戦)で升田が木村と対戦した時、升田が「名人なんてゴミのようなものだ」と食って掛かり「名人がゴミなら君は何だね」と言われた時に「ゴミにたかるハエだ」と返したほど、打倒木村の思いは強かった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース