記事詳細

中国とイタリアの医師が遺体を使った頭部移植実験を実施 (1/2ページ)

 中国人とイタリア人の医師が世界初の頭部移植手術を計画中だ。医師は2017年11月には2人の人間の遺体を使い、18時間かかって、頭部移植の実験を終了。この件については、中国人医師が中国中央ラジオ局のインタビューで明らかにした。実験は成功しており、この実験の経過などについて、近く医学専門誌に発表するという。

 すでに、中伊両国の医学チームは3年前の2014年から頭部移植手術の準備を始めており、中国政府の許可が出れば、すぐにでも手術を行うとしている。これについて、ネット上では、「そんなにやりたければ、まず医師が最初の患者になって、安全を確認すべきだ」などと批判的な声が多い。

 この医師は中国東北部黒竜江省にあるハルビン医科大学の任小平・顕微外科センター長(教授)と、イタリア人外科医のセルジオ・カナベーロ氏。

 任氏はハルビン生まれで56歳。米シンシナティ医科大学に留学し、医師として勤務したが、2012年にハルビン医科大学に戻り、頭部移植を中心に研究を続けている。任氏が帰国したのは、米国では倫理上の問題から、頭部移植の研究を続けるのは不可能だったからだという。

 一方、カナベーロ氏はイタリアのトリノ医科大学出身で、同大で頭部移植手術に取り組んだが、任氏同様、頭部移植に反対され、2013年に同大を辞職。その後、任氏を頼り、ハルビン医科大学で研究を続けている。

 2人はマウスを使った頭部移植手術の実験を続けており、80回の実験のうち18例が成功したが、生存時間はいずれも3時間以内だったという。「最近ではサルを使っての実験も行っている」と任氏は明らかにしているが、結果については言及していない。

 任氏は中国共産党機関紙「人民日報」のインタビューでも「私たちは思い付きで、軽々しく頭部移植の研究を行っているわけではない。この移植技術があれば、脳は健康だが、脊椎損傷やがん、筋萎縮症などの身体の疾患に苦しめられる患者を助けられるようになるかもしれない」と語っている。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース