記事詳細

3野党トップは「全員赤点」、ジャーナリスト・安積明子氏が採点 希望・玉木氏は「採点不能」 (1/2ページ)

 22日召集の通常国会を前に、昨年10月の衆院選で分裂・誕生した野党が、「離合集散」の気配を見せている。渦中にいる立憲民主党の枝野幸男代表と、希望の党の玉木雄一郎代表、民進党の大塚耕平代表について、『野党共闘(泣)。学習しない民進党に待ち受ける真っ暗な未来』(ワニブックスPLUS新書)の著者で、ジャーナリストの安積明子氏に評価・採点してもらったところ「全員赤点」だった。

 「結党から3カ月以上たつが、いまだに定例会見を開かず、野党第1党として説明・発信する責任を果たしていない」

 安積氏はまず、立憲民主党の枝野氏をこう批判した。

 女性醜聞が報じられた所属議員の処分に際し、会見で説明しなかった対応も、「肝心なときに、矢面に立つのを避けているように見える。女性の立場から厳しく採点せざるを得ない」とした。

 枝野氏は「理念と政策の一致」を重視し、希望の党や民進党との統一会派結成を拒否している。 安積氏は「巨大与党に対抗し、政治に緊張感を生むためには、野党間の協力が不可欠だ。枝野氏には、結集に向けて他党を引き寄せる努力がみられない」と語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース