記事詳細

“出川組一文無し” コインチェック、仮想通貨580億円流出 27歳社長ずさん管理も大量CM (2/2ページ)

 仮想通貨を巡っては、改正資金決済法が昨年施行され、現金と交換する取引所に登録制が導入された。金融庁の登録業者は16社あるが、コインチェックは未登録だ。

 一方で、顧客獲得は積極的に行っていた。昨年12月からは出川を起用したテレビCMを大量に放映した。

 ビットコインの価格が急騰するなか、それまで仮想通貨投資に乗り遅れていた一般の人が新規参入するケースが多かったとみられ、こうした人たちはネット上で「出川組」と揶揄(やゆ)されていた。

 今年に入ってビットコインなど仮想通貨が一時暴落したうえ、コインチェックの利用者は今回の騒動にも見舞われるなど厳しい試練が続く。26日には投資家が東京都渋谷区のコインチェック本社前に詰めかける騒ぎとなった。

 和田社長は東工大卒で、金融ではなくIT系のエンジニア出身。2012年に会社を設立し、17年に現在の社名に変更した。ビットコイン以外の仮想通貨を積極的に取り扱うことで成長した。

 和田社長は14年に取引所のマウントゴックスが不正アクセスで約480億円の被害を受けて破綻したのを見て、逆にチャンスだと考えて起業を決意したというが、皮肉にもマウントゴックスを上回る過去最大の被害を出す結果となった。

 会見で、CMより安全対策の方に費用をかけるべきだったのではないかと聞かれた和田社長は、「深く反省している」と答えるしかなかった。

 顧客資産の補償には、コインチェックが自社の資産を充てることが考えられるが、同社は保有する現預金の規模を明らかにしていない。外部からの資金支援の受け入れを議論していることも明らかにしたが、先行きは不透明だ。

 テレビCMでは、1人2役で兄弟を演じる出川が「なんでビットコイン取引はコインチェックがいいんだ? 兄さん?」と聞くが兄は答えない。答えられなかったのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース