記事詳細

米激怒! 新駐韓大使に軍人急浮上、韓国紙「軍事的衝突の前兆」と警戒 (2/2ページ)

 韓国・中央日報(日本語版)は1日、急な人事変更を「米国強行策の信号」「米朝間の軍事的衝突の不吉な前兆」と社説で指摘し、別の記事で、新たな大使候補として「シャープ氏や、マーク・ナッパー大使代理などが挙げられている」と伝えた。

 シャープ氏は2008年から11年まで在韓米軍司令官を務めた。「キャプテン(主将)」や「船長」を意味する「スキップ」の異名で知られる。

 元NHKワシントン支局長で、米ハドソン研究所首席研究員の日高義樹氏は著書『帝国の終焉「スーパーパワー」でなくなった同盟国・アメリカ』(PHP研究所)で、シャープ氏が10年、米韓軍の対北朝鮮作戦計画「5029」策定に関わったと記している。

 「5029」とは、どんな作戦なのか。

 評論家で軍事ジャーナリストの潮匡人氏は「北朝鮮が内部崩壊する事態を想定して、直ちに軍事介入して、最高指導部や大量破壊兵器を制圧するような内容が書かれていると考える」と話す。

 トランプ大統領は1月30日の一般教書演説で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長率いる北朝鮮の悪行の数々を並べ立て、「私たちを、この危険な立場に陥れた過去の過ちを繰り返さない」と言い切り、改めて北朝鮮への強硬姿勢を打ち出した。

 トランプ氏の対北姿勢や、シャープ氏の駐韓米大使候補浮上をどう分析すべきか。

 前出の潮氏は「トランプ氏は、一般教書演説で『very soon(非常にすぐ)』という表現を使い、北朝鮮の『核・ミサイル』が米本土に与える脅威を語っていた。脅威に対し、米国が行動を起こすことは間違いないだろう。当然、軍事オプションも含まれる。トランプ政権はある種の腹を固めていて、異論を唱えたチャ氏の大使内定を撤回した。次期駐韓米大使は、使命を背負って就任することになるだろう」と語っている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース