記事詳細

【大学で学ぼう】混とんの世界情勢をどう読むか 國學院大學のおすすめ講座を紹介

★國學院大學

 國學院大學では、神道や古典、民俗学、書道などの55講座を取りそろえている。そのなかから、4月以降に開講する特におすすめの講座を紹介。

 「グローバリズムとナショナリズムの国際情勢」(全10回・2万円)。同大客員教授の久保田るり子産経新聞編集委員が、グローバリズムとナショナリズムの相克のなかで、混とんとした21世紀の国際情勢を論じる講座。

 「『平家物語』 一の谷合戦譚を読む」(10回・2万円)。平家物語の見せ場の一つ、一の谷合戦を読み、描かれるさまざまな人間模様から、平家物語の死生観・人間観を考える。以上2講座は渋谷キャンパスで開講。

 「神道の歴史 -京都の祭礼から読み解く-」(10回・2万円)。全国各地の祭礼や芸能に影響を与えている京都の祭礼をひもとき、神道の歴史に触れる。

 「『万葉集』の恋歌を楽しむ -大伴家持の青春時代-」(10回・2万円)は、万葉集の編纂(へんさん)にかかわった大伴家持が、青春時代にさまざまな女性たちと交わした贈答歌を読み解き、豊かな恋歌の世界を一緒に楽しむ。以上2講座は、たまプラーザキャンパス(横浜市青葉区)で開講。

 ■國學院大學エクステンションセンター 東京都渋谷区東4の10の28 (電)03・5466・0270 問い合わせ時間は月~土9時~17時(祝日、大学行事日は除く)。※申し込みは、オープンカレッジ・パンフレット(無料)を請求。FAX03・5466・0528。入会金あり(会員区分により金額が異なる)。先着順で受け付け、定員になり次第、締め切り。詳細はホームページを参照。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう