記事詳細

「昭和天皇独白録」高須克弥院長が宮内庁に届ける

 昭和天皇が先の大戦前や戦中の出来事を回想した「昭和天皇独白録」を、米ニューヨークの競売で落札した美容外科、高須クリニックの高須克弥院長が19日、宮内庁に原本を届けた。

 高須氏は明治天皇の玄孫・竹田恒泰氏が運転する車で皇居に入り、独白録を開封する様子をツイッターで更新、「昭和天皇独白録を宮内庁書陵部にお預けしました。お目にとまりますよう」とつづった。宮内庁側は「1カ月ほど預かり、(寄贈を受けるかどうかなどの)対応を決めたい」と応じたという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう