記事詳細

「厚労省に数字へのこだわりなし」 働き方データ不適切処理で片山さつき氏が激白 (2/2ページ)

 片山氏は、19日の衆院予算委員会で平謝りだった大蔵・財務省時代の先輩、加藤勝信厚労相を念頭に、「お気の毒ですよ。データの根拠が曖昧な資料だとは思ってもいなかったでしょうから」とおもんぱかった。

 野党側は、政府の対応について「捏造(ねつぞう)」「隠蔽」などと批判を強め、裁量労働制の対象拡大を盛り込む「働き方改革関連法案」の提出断念も求めている。

 片山氏は「不備を認めて謝罪したのだから、捏造も隠蔽もしていない」と反論し、同法案の意義を次のように強調した。

 「残業の上限時間を規制し、勤務体制を抜本的に改革する理念は、連合も、野党も共有しているはず。できるだけ早く成立させるべき法案を遅らせていいのですか?」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース