記事詳細

【釈量子 いざ!幸福維新】補助金頼らぬ地方再生で「郷土愛」醸成へ 課題は若者の取り込み (2/2ページ)

 「補助金頼みのビジネスは面白くない。若者にとって、チャレンジングな(やりがいのある)仕事を立ち上げたい」

 こうした宮野氏の熱意に触発される若者が増えれば、「地域愛」「郷土愛」の醸成につながると期待しています。

 懸念されるのは、ワインを含む果実酒の税率を2023年10月までに2段階で引き上げる税制改正です。「高付加価値路線」を支え、自由な競争を確保するのが国の役目のはずですが、現在の政策は逆行しかねない、と危惧しています。(幸福実現党党首・釈量子)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう