記事詳細

韓国人 「自分たちに北朝鮮の攻撃は向かない」と信じる (2/2ページ)

 「文在寅大統領は反米・親北の民族主義者で、『韓国に対するアメリカの影響力を弱め、南北、同じ民族で話し合えばうまくいく』という思想が根底にあります。しかし、文在寅の宥和政策の延長線上に、核の放棄があるとはとても思えない。金正恩は文在寅に『平壌に来い』と言っていますが、行くからには当然、お土産をもっていくことになる。国際社会が北に対して経済制裁を加えているときに、韓国だけが支援をすれば、国際社会は許さないと思う。北朝鮮の時間稼ぎに使われるだけですから」

 こうした姿勢には日本やアメリカはもちろん、中国からも疑問の声が上がっているという。

 「中国は北朝鮮の友好国ですが、実態はあくまで国際情勢における利害関係でしかない。だから中国政府は、明らかに北に利用されるだけの韓国が理解できないようです」(外務省関係者)

 もはや“勝手にやってろ”と言いたくもなるが、隣人として否応なく巻き込まれるだけに、ますます戸惑うしかない。

 ※週刊ポスト2018年3月2日号

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

関連ニュース