記事詳細

チンギス・ハン侮辱漫画に朝青龍が激怒、外交問題に発展 小学館は平謝り (2/2ページ)

 小学館は同日、コミック局役員らがモンゴル駐日臨時代理大使に謝罪。後日改めて大使館に出向いて謝罪と説明を行うという。

 同社広報室は「モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことにより、モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます。今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です」と平謝り。

 漫画のタイトルのとおり、度の過ぎた“イタズラをやりすぎ”たようだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース