記事詳細

親が預かったお年玉の返還を求め子供達が裁判起こす (2/2ページ)

 このようなお年玉に関する訴訟が多いことについて、ネット上では子供に好意的な意見や、両親が使っても良いのではないかなど、さまざまな書き込みが寄せられている。

 例えば、「本音でいえば、子供にお年玉を上げるのは、両親との関係を円滑にしたいという思いが強い。お年玉をあげる方の立場から言えば、両親がお年玉を管理するのも当たり前だと思うのだが…」との意見や、「私の両親は子供は親の財産だと思っており、子供がもらったお年玉も親のものと思っている」と両親に同情的な書き込みも多い。

 一方、代表的な意見は次のようなもの、と同紙は指摘する。

 「あなたのお母さんには『子供がもらったお年玉は子供のもので、あなたのものではなく、あなたのお小遣いにすべきではない。しっかりと返してほしい』とはっきり言うべきだ。その後、お母さんが、どのような態度をとるのか? あなたを叱りつけるかどうかなど、後々のために、しっかりと見ていた方が良いでしょう」

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース