記事詳細

カー娘「もぐもぐタイム」で韓国“悪行”再燃 イチゴ9割超が無断栽培の“日本産” 逆輸入の事態も (2/2ページ)

 韓国では、日本の品種を勝手に交配しており、レッドパール・章姫を交配した「雪香(ソルヒャン)」や章姫・とちおとめは「錦香(クムヒャン)」(いずれも韓国で2012年に登録)などが栽培されている。農水省の資料によると、「韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が日本の品種をもとに開発された品種」だという。

 これらの品種はアジア各国に活発に輸出されており、15年に韓国から輸出されたイチゴの量は4000トン。この全てが日本産だったと仮定した場合の5年間の逸失利益は最大220億円との推計も出ている。

 スチールはカーリングだけにしてほしい。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース