記事詳細

金正恩氏「拷問部隊」が「仕送りカツアゲ」に血道をあげている (2/2ページ)

 あこぎなやり口で金を奪い取ろうとする保衛員に対する住民の不満は高まっている。そのせいか、この数年間、保衛員らへの報復殺人が度々起きている。

 (関連記事:妻子まで惨殺の悲劇も…北朝鮮で警察官への「報復」相次ぐ

 金正恩党委員長も、保衛員の横暴ぶりやそれを動機とした報復殺人が起きていることに問題意識をもっているのか、「捜索令状なしに家宅捜索をするな」などの指示を出したとも伝えられている。

 しかし、北朝鮮独裁体制は保衛省をはじめとする治安機関の強引な統に頼り、長年維持されてきた。金正恩氏が少しばかり諫めたとしても、保衛省がその姿勢を抜本的に正すことはないだろう。

デイリーNKジャパン

関連ニュース

関連ニュース