記事詳細

韓国・文大統領、日本を批判 慰安婦問題「加害者である日本が終わったと口にしてはならぬ」 

 韓国の文在寅大統領は1日、朝鮮半島で1919年に日本の植民地支配に抵抗して起きた「3・1独立運動」を記念しソウルで開かれた政府式典で演説した。旧日本軍の従軍慰安婦問題を「反人道的な犯罪」だったとし「加害者である日本政府が終わったと口にしてはならない」と述べた。日韓合意で問題は解決済みとする日本の主張を批判し、同合意では未解決との立場を改めて主張した。

 昨年5月に就任後、初めて出席した文氏は、慰安婦問題で「日本に特別な対応を要求はしない」とも強調。来年で3・1独立運動から100年となるのを念頭に「一番近い隣国らしく、心からの反省と和解に基づき、共に未来へ進むことを願うだけだ」と述べた。

 文氏は島根県・竹島(韓国名・独島)について「日本の朝鮮半島侵奪の過程で最初に支配を受けた私たちの領土だ」と述べ、日本が韓国の領有権を否定することは「帝国主義の侵略への反省を拒否することと変わりない」と主張した。

 式典には大統領が例年出席して演説、歴史問題など対日関係に言及するが、昨年は当時の朴槿恵大統領が国政介入事件で弾劾訴追され、職務停止となり欠席した。大統領代行だった黄教安首相が演説し、慰安婦問題の日韓合意の尊重と実践を強調していた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう