記事詳細

【投稿!オレンジ広場】菅長官は優しすぎ?政府に反論機関を 竹島の日式典を政府主催に (2/2ページ)

 ■竹島の日式典を政府主催に

 2月22日に、島根県松江市で「竹島の日」の式典が開催された。式典には6年連続で政務官が出席した。本来なら閣僚が出席するべきところ、政務官の出席でお茶を濁しているのは、韓国への配慮とされる。

 だが、韓国政府は「日本政府が不当な領有権の主張を繰り返していることを強く抗議し、行事の廃止を要求する」との外務省報道官声明を発表した。

 結局、どんなに日本政府が配慮しようと、韓国側の内政干渉をも辞さない強硬な姿勢は何ひとつ変わらないことは明白だ。

 日本政府は、慰安婦問題をめぐる日韓合意の履行に関しては超強気の姿勢であるにもかかわらず、なぜか竹島問題については腰が引けている感があり、歯がゆく思う。

 2012年の衆院選での自民党の公約には、「政府主催の式典を実施する」と記されていた。公約違反のそしりは免れない。式典は政府主催で行われるべきだ。竹島問題について、日本政府は島根県の陰に隠れず、矢面に立ってほしい。 (鳥取県・49歳、因幡三拍)

 ■投稿のあて先 住所・氏名・年齢・職業・電話番号・掲載方法(本名かペンネームか)を明記し、はがき(〒100-8160夕刊フジ編集局「投稿」係)、ファクス(03・3231・2670)、メール(toukou@fujinews.com)いずれかで。掲載投稿には薄謝を進呈。文章を一部変更することもあります。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう