記事詳細

経済制裁が量産する、北朝鮮「巨大風俗街」の悲劇 (2/2ページ)

 経済制裁に本来期待される効果のひとつは、対象国の国民をして政権を批判させ、政策の変更を促すことだ。しかし、北朝鮮には言論の自由が存在しない。政権批判などしようものなら殺されてしまう。

 それを承知のうえでやみくもに経済制裁を強めることは、本来倒すべき敵の指導部が安全な場所に隠れていることを知りながら、何の罪もない庶民の頭上に爆弾を落とすに等しい。

 国際社会は、自らの取り組みがそのような愚行につながらないよう、北朝鮮国内の動向を慎重にモニタリングすべきだろう。

 (参考記事:抗議する労働者を戦車で轢殺…北朝鮮「黄海製鉄所の虐殺」

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

関連ニュース