記事詳細

【新・カジノ情報局】「テキサス・ホールデム」ルール解説 役の強さにマークは関係ない (2/2ページ)

 【ハイカード】

 ポーカーはベットし合いながら、相手を振り落としていくゲーム。最後残った2人が結局はどちらも「役なし」というケースもザラにある。こうした「ノーペア」「ブタ」にも強弱はつく。どちらがカードランキング(Aが最強、以下K、Q…3、2の順)が上のカードを持っているかで決めるのだ。例えば、A(スペード)K(ダイヤ)Q(スペード)8(スペード)6(ダイヤ)はA(ハート)K(ダイヤ)J(スペード)8(スペード)6(ダイヤ)よりも上。なお、マーク(スーツという)の違いは強さには関係しない。

 【キッカー勝負】

 同じ役ができたときはどうやって勝負を決めるか。まず、手役に使われているカードのカードランキングを比較。これが同位のときは、役に使われていないカードの強さを比べて判定する。同じAとJのツーペアでも、A(クローバー)A(ダイヤ)J(スペード)J(ハート)9(ハート)はA(スペード)A(ダイヤ)J(スペード)J(ハート)8(スペード)よりも上。勝負の決め手になる、役に使われていないカードのことは「キッカー」と呼ばれる。(ギャンブルライター・片山真)=次回は「ゲームの進め方」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう