記事詳細

【突破する日本】高まる自衛隊の存在意義 抑止力高めるため不可欠な憲法上の正統性付与 (2/2ページ)

 憲法明記には憲法改正が必要であり、国民投票を行う。国民投票で承認されれば、自衛隊はわが国の正統な防衛組織と認められることになる。「国民の自衛隊」となるのだ。国民投票は自衛隊を認めるか否かを問うものともなる。

 憲法改正が必要なもう1つの理由は、わが国を取り巻く安全保障環境が緊迫化していることにある。北朝鮮は核兵器開発を断念せず、脅威は高まっている。巧みな「微笑外交」で韓国を取り込んでいる。中国は海洋進出に意欲を示し、沖縄県の尖閣諸島付近への公船派遣に加えて、沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡に艦艇を航行させることが常態化している。

 日本政府は牽制(けんせい)のために沖縄本島に地対艦誘導弾(SSM)の部隊を配備する方向での本格的な検討に入った。2月27日には中国の軍用機が対馬付近の日本の防空識別圏にも侵入している。自衛隊の存在意義は日増しに高まっている。憲法上の正統性付与は抑止力を高めるために不可欠の措置といえる。

 ■八木秀次(やぎ・ひでつぐ) 1962年、広島県生まれ。早稲田大学法学部卒業、同大学院政治学研究科博士課程中退。専攻は憲法学、思想史、国家論、人権論。第2回正論新風賞受賞。高崎経済大学教授などを経て現在、麗澤大学教授。教育再生実行会議委員、法制審議会民法(相続関係)部会委員、フジテレビジョン番組審議委員、日本教育再生機構理事長など。著書に『憲法改正がなぜ必要か』(PHPパブリッシング)、『公教育再生』(PHP研究所)など多数。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう