記事詳細

米朝首脳会談合意のウラ 日米情報当局者「正恩氏は『自分が殺される』と生命の危機感じたはず」 (2/2ページ)

 ワスプ級強襲揚陸艦には、約2000人の海兵隊員を収容できる。さらにエアクッション型揚陸艇も搭載し、ヘリとともに上陸作戦を実行する。

 明らかに「斬首作戦」決行に向けた強化再編といえそうだ。

 日米情報当局者によると、この再編決定の後、南北首脳会談や、米朝首脳会談が決まる流れになったという。

 だが、核問題で何度も裏切り続けてきた北朝鮮を、トランプ政権は信用していない。北朝鮮への最大圧力を維持しているのはその表れで、今後の北朝鮮の出方次第では、軍事的措置の可能性も否定できない。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース