記事詳細

【親も知らない今どき入試】文理学科設置の大阪・北野が6位躍進 東大&京大の合格者合計ランク (1/2ページ)

 各大学が合格者を続々と発表するなか、目覚ましい実績をあげた高校はどこか。今週は、東大と京大の合格者合計ランクを紹介したい。京大法学部の後期試験の結果は含んでいない。

 トップは開成だった。内訳は、東大合格者が37年連続の首位となる174人で、京大は8人。

 2位の灘は、東大が91人、京大は40人だった。灘の合格者のうち、東大の理科III類と京大の医学部医学科の合計は37人に上る。最難関の学部に合格者の3割近くが合格している。

 3位は、東大合格者が昨年比17人増の96人となった麻布。4位、5位とも中高一貫校が占めた。上位4校は、いずれも東大合格者のほうが多かった。

 京大に1984年以来、34年ぶりにトップに立った6位の北野は、昨年より京大が18人も増え、12位からの躍進だった。

 地元塾関係者は「大阪では、大学進学に力を入れる文理学科を設置してから、設置10校の府立高の実績は伸び、特に北野と天王寺が目覚ましい。私立の中高一貫校では、医学部人気が高く、北野が京大トップに立つのは時間の問題といわれていました」と話す。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう