記事詳細

山尾氏に怒り…倉持氏元妻が夕刊フジに激白 「息子に会わせてもらえない」「子供いるなら気持ち想像つくはず」 (1/2ページ)

 立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(43)と政策顧問の倉持麟太郎弁護士(35)の不倫疑惑をめぐり、山尾氏に慰謝料支払いを求める訴訟を準備している倉持氏の元妻、A子さん(34)が夕刊フジの単独取材に応じた。A子さんは22日発売の週刊文春に手記を寄せた後、倉持氏から2歳の長男との面会を拒否する通告があったと明かす。待機児童問題が売りの山尾氏に対しては「子供がいるなら気持ちは想像がつくだろう」「子育ての話など聞きたくない」と憤った。

 「これまでは基本的に毎週、金曜の午後4時から日曜日の午後3時まで息子と会わせてもらっていました。倉持の親が私の家に車で迎えにきたとき、息子は私から離れるのを嫌がって泣きわめいていました。『帰りたくない! ママも(車に)乗って! 乗って!』って。だから、今どんな気持ちでいるのかと思うと…」とA子さんは絞り出すように語った。

 A子さんの代理人を務めるフラクタル法律事務所の田村勇人弁護士に、倉持氏からファクスが届いたのはA子さんの手記が掲載された文春が発売された翌日の23日。田村氏は「倉持氏は『手記は守秘義務に違反し、プライバシーを侵害された』などとし、それを理由に『今後の(母子の)面会交流は差し控えざるを得ない』と伝えてきた」と説明する。

 不倫疑惑が報じられた昨年9月以降、山尾氏からは謝罪はなく、倉持氏から納得のいく説明もないまま、A子さんは昨年11月、親権を奪われる形で離婚した。一方、山尾氏は昨年10月の衆院選で勝利した後、倉持氏を政策顧問に登用した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース