記事詳細

倉持氏元妻、夕刊フジ激白第2弾 怒りに震えた山尾氏と元夫のツーショット対談「子供に聞かせられない言葉が…」

 「子供には聞かせられない。それだけは言ってはいけない言葉…」。立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(43)と倉持麟太郎弁護士(35)の不倫疑惑をめぐり、山尾氏に慰謝料支払いを求める訴訟を準備している倉持氏の元妻、A子さん(34)への単独インタビュー第2弾。昨年10月の衆院選後、ツーショットでメディアに登場した山尾、倉持両氏への怒りをあらわにした。

 山尾氏は昨年9月に倉持氏との不倫疑惑を報じられたが、10月の衆院選で当選した。その後、倉持氏を政策顧問に登用し、12月には雑誌「婦人公論」で対談まで果たした。

 同誌で倉持氏は《以前、「もしタイムマシンがあったら、あの報道の前に戻りたいか?」と話したことがあって、二人とも「戻りたくないよね」という答えだった(笑)。二人にとって常に現在が一番だということです》と述べた。このくだりにA子さんは深く傷ついたという。

 「戻りたくないって…。2人にとって現在が一番って…。決して子供には聞かせられない言葉だと思いました。それだけは言ってはいけないんじゃないかと…」

 A子さんはハンカチを握りしめ、うつむきながら絞り出すように話した。

 倉持氏と離婚し、2歳の長男の親権も失ったA子さんは、金曜日の午後4時から日曜日の午後3時まで長男と面会する決まりになっていた。

 「いつもは倉持の両親が日曜日に私の家の前まで車で長男を迎えに来るのですが、1度だけ倉持本人が来たことがありました。そのときも何かこちらに言葉をかけることもなく、ただ黙って息子を連れていきました。離婚後、直接会ったのはそのときだけです」と倉持氏の態度にも憤りをみせていた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース