記事詳細

進次郎氏は「もろ刃の剣」か 文書改竄問題での苦言が波紋 (2/2ページ)

 一方、改竄問題の逆風を受け、内閣支持率が大幅に下落するなかでの直言には「後ろから鉄砲を撃つのか」との批判がある。「総裁選で『反安倍』勢力に回るのでは」と警戒する向きもある。

 官邸に近い議員は「与党議員は無責任なコメンテーターではない。批判だけなら誰にでもできる。彼は果たして、財務省が公表した資料を読み込んだうえで発言しているのか。傍観者として発言をしているようにも映る。党の将来を任せられるのか」と手厳しい。

 「出る杭(くい)は打たれる」のが日本社会の風潮だが、「出ない杭は腐る」「出すぎた杭は打たれない」とも言われる。重要なのは、進次郎氏が政治家として本物かどうかだ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース