記事詳細

“暴走老人クラブ”に批判噴出、電車の座席に紙置き16人分独占 関係者が謝罪

 JR東北線電車内で花見に向かう仙台市老人クラブ連合会のメンバーが座席に紙を置いて仲間のために場所取りをしていたとして、ネット上で批判が起き、関係者がホームページ(HP)上で謝罪する事態になった。

 9日午前9時ごろ、仙台駅で乗車した同連合会のメンバーが「席をお譲りください」「敬老者が16人乗車します」と書いたA4判の紙を座席に並べた。次の駅で乗車したグループがそこに座り、花見に向かったという。

 このため、座席に座れなかった乗客もおり、ネット上では「非常識だ」と批判が噴出。同連合会はHPで「会員の行為で不快な思いをさせてしまい、心よりおわび申し上げる」と謝罪した。同会の松坂尚(たかし)会長(80)は夕刊フジの取材に「月曜日の10時前だからラッシュではなく空いていたとは思う。グループなのでまとまって座りたかったのだろう」。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう