記事詳細

「どんどん出てくる」江田氏ツイート 特捜部のリークあれば「秘密漏洩罪」に

 学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる一部メディアのスクープについて、民進党前代表代行の江田憲司衆院議員が《大阪地検の女性特捜部長のリークがどんどん出てくる》と記したツイートが、11日の衆院予算委員会の集中審議でも取り上げられた。

 自民党の柴山昌彦議員は、注目のツイートを読み上げて、「もし、捜査当局から、そのようなリークがあったとしたら、どのような国家公務員法上の問題が出てくるのか。念のために聞きたい」と質問した。

 法務省の辻裕教(つじ・ひろゆき)刑事局長は「犯罪の成否については、捜査機関が収集した証拠に基づき、個別に判断されるべき事項であり、お答えは差し控えたい。あくまで一般論として、国家公務員法における秘密漏洩罪があり、国家公務員たる職員が職務上知り得た秘密を洩らした場合には、この秘密漏洩罪が成立するものと承知している」と答弁した。

 一部メディアのスクープをめぐっては、都内在住の40代男性が、国家公務員法違反容疑で、女性特捜部長らへの告発状を最高検に提出している。

 万が一、検察とメディア、野党が結託して、違法なリークで「政局=倒閣」をつくり出そうとしたなら大問題だ。最高検の判断が注目される。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース