記事詳細

首相秘書官を動物扱い!? 希望・玉木氏ツイートで大炎上、ネット「人としておかしい」

 希望の党の玉木雄一郎代表のツイッターが、大炎上している。安倍晋三首相の秘書官について、《(11日の衆院予算委員会で)ヤジを飛ばした。秘書官も飼い主に似るということか。国会をナメるなと言いたい。無茶苦茶》と投稿し、「動物扱いか」などと批判が殺到しているのだ。

 この秘書官は、経産省出身で、安倍首相のスピーチライターも務める佐伯(さいき)耕三氏。

 玉木氏が11日夜に書き込んだツイートに、ネット上では「秘書官はペットではない」「政治家以前に人としておかしい」「下品という言葉が似合う議員」「自分が獣医師会の犬と言われたら気分悪くなると思いますけどね」などと痛烈に批判する反応が広がった。リツイート(転載)は12日午後1時の時点で、5500件以上に達している。

 玉木氏は予算委で、安倍首相に、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を知った時期を質問した。その際、安倍首相の後方で発言する佐伯氏に向かって指をさし、「秘書官がヤジを飛ばすな!」と怒鳴りつけた。

 佐伯氏は、安倍首相への助言として「違う」などと発言したとされ、玉木氏の勘違いだった可能性もある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース