記事詳細

神戸ビーフに夕張メロンも…中国ではびこる偽日本ブランド 担当者嘆き「写真見ただけでは本物か分からない」 (1/2ページ)

 日本ブランドが脅かされている。農林水産省が地域に定着した高品質な農産物などを守るために設けた「地理的表示(GI)保護制度」の登録品の偽物とみられる商品が海外のサイトなどで流通しているのだ。中国で出回っているケースが多く、農水省は懸念を抱いている。

 「正直、写真を見ただけでは実際に本物なのかどうか分からない…」

 北海道の「夕張メロン」を名乗る商品が中国の通販サイトで販売されているのが確認されたことについて夕張農協の担当者はこう嘆く。

 「タイを経由して香港に不正品が入ってきたときにはGI保護制度で止めることができたので、日本政府に頑張ってもらうしかない」と話す。

 2015年度に始まった農水省の「GI保護制度」は、地域で長年育まれた特別な生産方法と結びついた高い品質・評価といった特性を有している農林水産物、食品などを守るための仕組みで、今年3月20日現在で59品目が登録されている。

 農水省によると、「夕張メロン」に加え、「松阪牛」(三重県)、「市田柿」(長野県)、「神戸ビーフ」(兵庫県)、「大分かぼす」などGI保護制度に登録されている17産地の品目について、中国など海外で偽物が流通している疑いがあるという。中には箱に「GI」の表示があり、正規品との区別ができない悪質なものもあった。

 農水省食料産業局知的財産課の担当者は「良い品質のものを作っているのに海外では類似品の方で認識されてしまう恐れがある」とし、中国などのサイトに削除を要請していると説明した。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース