記事詳細

小池知事、都民ファーストの会に都議会「やらせ疑惑」 質問作成者に知事側近 二元代表制に反する恐れ

 東京都の小池百合子知事が事実上率いる「都民ファーストの会」の都議が昨年9月の都議会委員会で、質問内容を事前に都にメールで送った際、文書の作成者名が小池氏に近い当時の都顧問、小島敏郎氏だったことが15日、複数の関係者への取材で分かった。

 3月の都議会定例会で、自民党が「小島氏が原稿を渡したやらせ質問ではないかという疑念がある」と指摘。政策決定の中枢に近い都顧問が議員の質問を作成していれば、首長と議会が監視し合う二元代表制に反する恐れがある。

 小池氏は、かつて自民都議らの質問を都職員が作成していた慣習を「なれ合いだ」と禁止。昨夏の都議選では情報公開徹底を掲げて「都民」を大勝させており、説明責任が問われそうだ。

 「都民」の樋口高顕氏は昨年9月1日の経済・港湾委員会で、小池氏の示した豊洲市場への移転と築地市場の跡地再開発の基本方針に関連して質問した。関係者によると、ワード形式で5枚の質問案を事前に都側にメール添付で送信したが、ファイル情報では文書作成者が「小島敏郎」となっていた。

 樋口氏は今年3月、報道陣に「小島氏は質問作成中に助言を受けた一人」と認めたものの、「質問は自分で一から作った」と強調した。文書の作成者名が小島氏となっている点と矛盾している。

 樋口氏は、豊洲に計画されている観光拠点の事業者が築地再開発の方向性に懸念を示し、損害賠償請求を検討していることに触れ、「都が賠償責任を負う事由にはならない」と知事を擁護した。小島氏は都の市場問題プロジェクトチーム座長を務め、知事の基本方針策定に助言していた。

 小島氏は樋口氏の質問後の昨年9月19日、突然都顧問を辞職。「都民」の政務調査会事務総長に就いた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース