記事詳細

「オール沖縄」屈辱の3連敗 沖縄市長選、自公維推薦の桑江氏が再選

 任期満了に伴う沖縄県沖縄市長選は22日投開票され、無所属で現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=が、翁長雄志知事が推した無所属新人で元市議の諸見里宏美氏(56)=希望、民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦=を破り、再選を果たした。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設に反対する政党、労組、企業などでつくる「オール沖縄」系候補は2016年以降、南城市長選を除き8つの市長選で敗れたことになる。2月の名護市長選、3月の石垣市長選に続き屈辱的な3連敗となった。

 沖縄市長選を自民党は12月に任期満了を迎える知事選の前哨戦と位置づけ、二階俊博幹事長や小泉進次郎筆頭副幹事長らが沖縄市に入っていた。投票率は47・27%で、前回(57・73%)より10・46ポイント下回った。

 一方、翁長知事が同県浦添市の病院に再入院し、精密検査で見つかった膵臓腫瘍が良性か悪性かなどを判断するための手術を受けていたことが分かった。県が23日にも容体や公務復帰の見通しについて説明。今年行われる沖縄県知事選に影響が出る可能性がある。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう