記事詳細

【日本の元気】新幹線「ひかり」の悲劇 JR東海が未対応のなぜ・・・途方に暮れる訪日外国人 (1/2ページ)

 訪日外国人観光客数がうなぎ上りだ。2017年には約2869万人で増加率は前年比19・3%。今年は3000万人を超えるだろう(日本政府観光局による)。16年に訪日外国人が消費した金額は3・8兆円だったので今年は4兆円の大台に乗るに違いない。国はさらに20年に4000万人、30年には6000万人を目指している。彼らは日本の経済にとって何ともありがたいお客さまだが、課題は山積だ。

 たとえば、東海道新幹線の「ひかり」を利用するたびに、「なぜ?」と思うことが続いている。私は福井へ行く機会が多いため、「のぞみ」が停車しない米原で下車し北陸本線に乗り換える必要から「ひかり」の利用が多い。いきおい、「ひかり」の悲劇を何度も目にしてきた。

 観光目的で訪日する外国人は、JR6社が共同で提供しているジャパン・レール・パスが利用できる。7日間有効の普通車が2万9110円、グリーン車3万8880円と格安。最大3週間有効のパスもある(東京~博多の「のぞみ」と新大阪~鹿児島中央の「みずほ」は利用できないが)。

 この価格で「シンカンセン」の座席が確保できるのは大きな魅力だろうが、彼らが大きな困惑に直面しているのが、「手荷物置き場」だ。座席スペースが広いグリーン車を利用する外国人が多いのは、彼ら特有の大きな荷物ゆえかなと思うが、それでも座席の前や横に置くのは困難だ。そこで彼らが手荷物置き場にするのが、各車両の最後部の椅子の背と壁の隙間空間だ。ここに積み上げるように、先を争ってスーツケースを置くのだ。この最後部座席の旅客は悲惨だ。座席をリクライニングできず、じっとガマンしなくてはならなくなるからだ。

zakzakの最新情報を受け取ろう