記事詳細

【大学で学ぼう】「漢詩」「近代産業史」魅力の無料講座 大阪大谷大学

★大阪大谷大学

 大阪大谷大学では多彩な講座を企画し、年間を通して全講座無料で行う。

 「日中漢詩人と邵雍(しょうよう)-万里集九(ばんりしゅうく)、陶淵明(とうえんめい)、夏目漱石、中野逍遥(しょうよう)、杜甫と邵雍の関係-」(全4回)。邵雍は、11世紀中国の民間の哲学者。哲学者であった彼が作る作品は、人間存在の意味を詩的に表現したもので、独特の魅力がある。室町時代以後の日本漢詩人の創作に影響を与えた彼の作品を学ぶ。

 「博物館・史料館・史跡から辿(たど)る産業史・企業史入門-日本の近代紡績発展の産業史-」(全1回)。日本の紡績工場第1号は1867年薩摩藩による鹿児島紡績所だった。薩摩藩による近代紡績誕生の起点や明治以降、民間資本による紡績所が生まれた歴史を、博物館、史料館、史跡からたどる。

 「障害のある人の暮らしの場を考える-これまでとこれから-」(全2回)。障害のある人にとって住まいの選択や願いの実現は厳しい状況にある。障害のある人の暮らしの場について、知的障害のある人とコロニーに焦点を当て、これまでを学び、これからについて考える。

 ■大阪大谷大学ハルカスキャンパス 大阪市阿倍野区阿倍野筋1の1の43 23F (電)06・6615・8460。資料請求・問い合わせは火~土10~19。申し込みは、申込フォームか往復はがき(1講座ごと1枚必要)で、申込期日(必着)を厳守。定員を超えた場合は抽選。詳細は大学のホームページで要確認。

zakzakの最新情報を受け取ろう