記事詳細

北朝鮮女性「金正恩は何かの病気」「あまりに沢山騙された」 (1/2ページ)

 トップ会談によって、朝鮮半島はどう動くのか。武力衝突か、緊張緩和か。中朝国境では中国の基地局の電波が北朝鮮の領土まで及ぶ。国境近くに住む北朝鮮住民の中には中国人と商売をするため中国の携帯電話を持つ人がいる。韓国人ジャーナリストの朴承ミン氏が、3月から4月にかけ、そんな北朝鮮住民を探し直接電話をかけて生の声を聞いた。名前は全て仮名にした。

 ●ベ・ソンヒ(女性・61歳・漁業)の話

 --仕事は?

 「夫が海で魚を取って生活している。収入は月に、中国の貨幣で1500人民元(2万6000円)程度。稼いでも出て行くお金のほうが多い。海に出られないよう統制されるから、お金を国境警備隊と警戒所の警備兵、担当の保安員(警察)、保衛部に賄賂として捧げなければならない」

 --金正恩をどう思うか。

 「(金正恩が)先日中国に行って来たが、それは百姓(庶民)のために行ったのではなく、何かの思惑があって時間稼ぎのためにそうしたか、自分の生きる穴を探しているか、だと思う」

 --でっぷり太った金正恩をどう思うか。

 「何かの病気があるようだ。顔も赤くて、もう長くはないようだ。夫人の李雪主も顔が腫れた。金与正も顔色が良くない。そんなに長く生きられないようだ」

 本当にそう見えたのか、希望を込めた話なのか。内心では最高指導部の排除を願っている住民は相当な数ではないか。

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース