記事詳細

加計新文書に左派“お祭り状態” 「内閣総辞職だ!」騒ぎ立てるも…文書には不可解な点

 学校法人「加計学園」問題が急展開した。愛媛県が21日、国会に提出した新しい文書によると、安倍晋三首相が2015年2月に加計学園理事長と面会し、獣医学部新設構想の説明を受けて「いいね」と話したという。立憲民主党や共産党などの左派野党は、17年1月に新設計画を知ったとする過去の答弁と食い違うとして、「文書が事実なら、内閣総辞職だ!」と一斉に騒ぎ立てているが、文書には不可解な点も残る。

 「ご指摘の日に理事長と会ったことはない。念のため、官邸の記録を調べたが、確認できなかった」

 安倍首相は22日午前、官邸で記者団にこう述べ、愛媛県の新文書に記されていた加計孝太郎理事長との面会を否定した。加計学園も21日、「理事長が15年2月に総理とお会いしたことはございません」とのコメントを出している。

 問題の文書によると、15年2月25日に加計氏が15分間、安倍首相と面会し、愛媛県今治市に設置予定の獣医学部で、国際水準の獣医学教育を目指すと説明した。安倍首相は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」とコメントしたという。

 立憲民主党や共産党など左派野党は、安倍政権を徹底追及する姿勢を強めている。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は21日、「首相が国民にウソをつき通してきたのではないか。ウソをウソで上書きしても無理だ」と強調した。

 国民民主党の玉木雄一郎共同代表も「首相答弁が根底から覆った。紛れもなく、内閣総辞職に値する」と息巻いた。

 左派メディアも“お祭り状態”だ。朝日新聞や東京新聞、毎日新聞は22日の朝刊1面トップで報じ、「『17年1月』と矛盾」(朝日)、「虚偽答弁の疑い」(東京)、「国会答弁揺らぐ」(毎日)などと、批判的な見出しをつけた。

 今後は、愛媛県の中村時広知事の参考人招致や、柳瀬唯夫元首相秘書官と加計氏の証人喚問が行われるかが焦点となるが、問題の「面会」をめぐっては疑問もある。

 1つは、新聞に掲載された15年2月25日の「首相動静」に、加計氏との面会記録が残っていないことだ。某テレビ局が当日の官邸周辺の全映像を調べたところ、加計氏らの出入りは確認できなかったという。

 新文書の中で、首相のコメントなど一部で異なる字体が使われていることも、ネット上で「疑問点」「捏造(ねつぞう)か?」などと指摘され、広く拡散されている。

 さらなる展開があるのか。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース