記事詳細

加計問題での新文書…フォントの違いは「捏造」?ネットで炎上 愛媛県「公文書ではない」 (1/2ページ)

 加計学園問題をめぐり、愛媛県が国会に提出した新文書の「怪しさ」が、ネット上で拡散している。安倍晋三首相と加計学園理事長が2015年2月25日に面談したと記載された文書で、フォントの一部が異なる点などが「捏造(ねつぞう)か」と問題視されているのだ。疑惑の真偽は、文書の信用性に直結する。夕刊フジは愛媛県の担当者を直撃した。

 騒動の発端は、愛媛県地域政策課が作成した文書にある、次の記載だ。

 《2/25に理事長が首相と面談(15分程度)。理事長から、(中略)今治市に設定予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは「そういう新しい獣医学部の考えはいいね。」とのコメントあり》

 このうち、《首相からは「そういう~いいね。」とのコメント》の部分は「ゴシック」だが、それ以外は「明朝体」になっている。

 時系列なども、疑惑を招く一因になっている。

 文書によると、愛媛県が、面談について学園側から報告を受けたのは、3月3日だ。文書では報告内容に続き、《なお、3月4日には、同学園と今治市長が面会し、ほぼ同内容の説明があった。》《おって、3/3に開催された国家戦略特区諮問会議では》とある。

zakzakの最新情報を受け取ろう

関連ニュース