記事詳細

塚田農場、ブロイラーを「地鶏」とうたい 「心よりおわび申し上げる」

 そりゃないよ~とサラリーマンの怒りの声が聞こえてきそうだ。地鶏使用を売りにする居酒屋「塚田農場」が、商品の一部にブロイラーを使っていたことが明らかになったのだ。消費者庁は22日、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、運営会社エー・ピーカンパニー(東京)に再発防止を求める措置命令を出した。

 同社が展開する塚田農場や居酒屋「じとっこ組合」ではメニューで「地鶏一筋」「限られた農家しか生産が許されないみやざき地頭鶏」とうたっていた。ひなの育成から店までの流通過程も解説していたほどだ。

 にもかかわらず、同庁によると「月見つくね」「塩つくね」は国内産と外国産ブロイラーを混ぜたものや地鶏を約5%混ぜたもので、「チキン南蛮」に至っては全て外国産ブロイラー。これらの商品のメニューに、地鶏が使われていないとの記載はなかった。

 同社は「心よりおわび申し上げる。誤解が生じない表記を徹底するよう再発防止に取り組む」と謝罪。飲んだらバレないとでも思ったか。

zakzakの最新情報を受け取ろう