記事詳細

【長谷川幸洋「ニュースの核心」】黒幕目指した中国と北朝鮮の誤算 米朝会談中止が示す…圧力路線の正しさと「解決への道」 (2/2ページ)

 いずれにせよ、問題の本質は「北朝鮮が本気で核とミサイルを廃棄し、日本人拉致問題も解決し、『いい子』になって、国際社会に参加する気があるかどうか」だ。その兆候は見えない。

 そうだとすれば、仮に米朝首脳会談が実現していたところで、決裂は避けられなかった。

 私はかねてから「米朝会談は中止か、開かれたとしても、少なくとも最初の1回は米国が破談にする可能性が高い」と指摘してきたが、その通りの展開になった。「トランプ氏は会談を成功させるために結局、妥協する」といった見方は完全に誤りだった。

 これで、日本が不安になる理由はない。

 トランプ氏は書簡で、北朝鮮が暴発すれば「米軍の準備は整っている」と警告している。日本は米国と歩調をそろえて、北朝鮮が音を上げるまで「最大限の圧力」路線を続けるだけだ。今回の会談中止は、むしろ圧力路線の正しさと「解決への道」を指し示している。

 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革推進会議委員などの公職も務める。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア-本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。最新刊に『ケント&幸洋の大放言!』(ビジネス社)がある。

関連ニュース