記事詳細

【小池百合子 強く、そしてしなやかに】世界標準クリアしていない“後進国”日本 「たばこのない五輪」へ受動喫煙対策を (1/2ページ)

 近年の五輪開催都市への重要な「要請」として、「五輪の持続可能性」と「たばこのない五輪」が挙げられる。

 「持続可能性」は、いかに開催費用を抑えるかにかかってくる。招致段階の数倍に膨らむことが常態化すれば、有望な都市は「財政困難」を理由に、名乗り出なくなる。

 私が2016年夏に都知事に就任した際、20年東京大会の費用の上限は決められていなかった。「お祭り騒ぎ」で、何から何まで立派にしようとすれば、費用は増える。

 私は、算定見直しと、情報公開による「見える化」の推進から始めた。都と国、大会組織委員会などが協議し、招致段階で約7300億円だった費用は、昨年5月に1兆3850億円程度と試算されたが、「青天井」のままだったらと思うと、恐ろしくなる。

 もう1つの要請である「たばこのない五輪」は、受動喫煙防止対策につながる。

 IOC(国際オリンピック委員会)は、WHO(世界保健機関)と「五輪の禁煙化」を進め、近年の夏季五輪開催都市であるバルセロナ、アトランタ、シドニー、アテネ、北京、ロンドンは、いずれも罰則付きの対策を行っている。

 この要請は、招致段階から分かっていた。20年五輪招致に立候補したマドリード(スペイン)、ドーハ(カタール)、イスタンブール(トルコ)は対策を行い、わが国は「原則禁煙」の世界標準をクリアしていない「後進国」とされている。

 都は14年に受動喫煙防止対策検討会を設置し、15年には、18年までの条例化の検討や法制化を求める提言がまとまった。ただ、肝心の「結果」が得られていない。

zakzakの最新情報を受け取ろう